カトリック夙川教会月報 巻頭言


by shukugawachurch

クリスマスのよろこび

                                                       
ペトロ 梅原 彰 神父
 クリスマスが近づくと、人々は恋人や友人など親しい方々にクリスマスプレゼントを差し上げます。もらう方はそれを受け取って嬉しくなります。そこに愛の息吹を感じます。与えるほうも受けるほうも嬉しくなり、心に愛の共鳴を感じます。愛は愛する相手に何かを与えたいのです。
 母の日や父の日に、小さな子どもがお母さんやお父さんの似顔絵を描いてプレゼントします。もらった親御さんはお金の価値がなくても嬉しく思い、喜ぶのです。それはその子が絵を通して、自分自身をお母さん、お父さんに与えているからです。
 キリストは「友のために生命を与えるよりも大きな愛はない」とおっしゃいました。愛の最高の現れは、自らを、生命までも与えることです。大切なお金やダイヤモンドを与えても、自分の持ち物を与えるだけでは、まだ十分とは言えません。自分自身を与えてこそ、愛は完全になるのです。神の最も素晴らしい愛のみ業は、神が自らを与えておられるということです。神は宇宙万物を創造されただけでなく、その中にご自分の生命を挿入し、この世と一体になろうとしておられるのです。これは、御父が御子と聖霊を派遣してくださることによって実現されます。
 イエス・キリストは、マリアから生まれた真まことの人間です。イエス・キリストは神であると同時に人間性をとられ、神人(しんじん)イエス・キリストとなられたのです。
 ヨハネは「父のふところにいる独り子である神」(ヨハネ1・18)、そして、神が人間となったこの神秘を「言(ことば)は肉(人間)となって」(ヨハネ1・14)と言っています。教会では、この神秘を「受肉(じゅにく)」とか「托身(たくしん)」という言葉で示しています。神の永遠の御子がマリアの胎内で一つの人間性と一体となり、一人の人間として、人類の歴史の中に入って来られたのです。ヨハネは「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された」(ヨハネ3・16)と言っています。つまり、神はご自分にとって最も大切な宝である御子を、人類に、その歴史の中心になるように送ってくださったのです。イエスは生涯を通して、ご自分の時間も身も心もすべてを捧げ、すべてを受け入れ、ついには十字架上で私たちの救いのために亡くなられたのです。しかし三日目に復活して永遠の生命に入られたのです。その姿は、私たちが互いに愛し合って、すべてを他者の幸福のために捧げて生きるようにとのメッセージだったのです。私たちはクリスマスにこのメッセージを分かち合いましょう。

カトリック夙川教会のホームページに戻る


[PR]
# by shukugawachurch | 2018-12-01 00:00
                                                       
エリック・バウチスタ・デ・グスマン神父
 聖ヨハネ・パウロ二世教皇は、教皇に選ばれたとき、58歳でお若かったし、山登りなどがご趣味で、とても健康的な方でした。きっと、長く教皇としてお務めになるだろうとよく言われていました。しかし、1981年5月13日に、バチカンの聖ペトロ広場で銃撃されて、奇跡的に命は助かりましたが、そのあと教皇様はずいぶん弱られました。徐々に悪化していた健康状態は見た目にもわかるようになりました。教皇様が歩かれるときに、杖を使い始めたのもその一つでした。最初は教皇様ご自身も、公の場で杖を使うのを遠慮なさったようでしたが、使い慣れてからは、杖と遊んでおられた教皇様のお姿も何回か公の場で見られました。
 2001年、教皇様はパーキンソン病と診断され、体も大分弱くなられ、バチカン近くの病院に運ばれて入院されることを繰り返されました。入院しても教皇様はすぐに退院をお望みになり、バチカンに帰ってすぐに仕事に取り組まれたそうです。大勢の人々に愛されていた教皇様は、ご自分のお部屋の窓から皆さんによくご挨拶をなさって、皆さんをいつも祝福されていました。このようなお体の状態で、これからも教皇様がお仕事を続けられるかどうか、話題となりましたが、教皇様はおやめになろうとはなさいませんでした。イエス様が十字架からお降りにならなかったように、教皇様も教皇の務めをおやめになりませんでした。
 しかし、教皇様は2005年、亡くなられる数か月前に、声が出なくなってしまわれました。何回も、お部屋の窓から皆さんにお姿をお見せくださいましたが、声が出なくて皆さんに挨拶さえもできなかったのは、どんなにお辛かったでしょう。2005年4月2日、教皇様は入院を固辞され、ずっとご自分のお部屋にとどまっておられました。病者の塗油を受け、バチカンの親しい友人や同僚に囲まれて、よくお祈りをしておられました。世界中の様々なところから来た信者もみんな聖ペトロ広場に集まり、教皇様のために一生懸命祈りをささげました。教皇様は祈りをささげてくれたすべての人々に次の言葉を述べ、感謝の気持ちを表されました。「わたしはあなた方のところに足を運んだ。今回、あなた方はわたしのためにここにやって来てくれた。わたしは嬉しくて感謝でいっぱいだ」。夜になると、教皇様は、「わたしを御父の家に帰らせてください」とおっしゃって、そのあと、息を引き取られました。教皇様はご自分が天国に行くことがきちんとわかっておられたようでした。
 このように、聖ヨハネ・パウロ二世教皇は、わたしたちに、どのように生きたらいいかだけではなく、さらにどのように死ねばいいかという模範を示してくださいました。今月は11月で、死者の月です。わたしたちより先にこの世を去った家族、親せき、友人、恩人のために祈りながら、わたしたちも「終末」について考える時間が与えられます。わたしたちのこの世の生涯は一時的なものであり、わたしたちの永遠の住処(すみか)は天にあります。この世の生涯を通して天に十分な宝を積んで、死が訪れるときには、教皇様と同じように、わたしたちも「御父の家に帰る」ことができるように、常に心の準備を致しましょう。
カトリック夙川教会のホームページに戻る


[PR]
# by shukugawachurch | 2018-11-01 00:00

10月はロザリオの月

                                                       
ペトロ 梅原彰 神父

 昔からキリスト者に愛され親しまれたロザリオが、衰退してきているのではないでしょうか。ロザリオは持っているが、唱えるキリスト者が減少しつつあるように思えてなりません。日本二十六聖人殉教者は、冬の寒い中、長崎へ絣かすりの着物を着て、口々にロザリオの祈りを唱えながら、西坂の丘までの殉教の旅を続けたのでした。
 私は大阪小神学校にいた時、毎晩1環のロザリオを神学生と一緒に唱えたことを懐かしく思い出します。私の小教区の司祭はカナダ人のレデンプトール会修道者で、毎日3環のロザリオを散歩しながら唱えておられました。
 マリア様がルルドにご出現になった時、腕にはロザリオが掛けられていました。ベルナデッタは同じようにロザリオを取り出し、一生懸命唱えました。彼女がロザリオを唱え終わると、不思議とその姿は消えていました。聖母マリアは、ベルナデッタの前に18回お現れになり、ロザリオの祈りを唱えるよう望まれました。
そのルルドにおいて多くの病人が癒され、世界的に有名な巡礼地となり、全世界から毎年500万人の巡礼者が集まります。そしてシーズン中は毎晩、ろうそく行列が行われ、参加者一同、ロザリオの祈りを唱え、「アヴェ・アヴェ・アヴェ・マリア」の歌を各国の巡礼団全員が一緒に歌うのです。その時は本当にキリスト者の一体感を感じ、感激します。
 ロザリオの祈りは個人的にも、また家族一緒に、また友人2~3人と唱えることが勧められます。大人も子どもも、歩きながらでも、バスを待っている時も、どこででもロザリオの祈りを唱えることができます。
 一日の中でロザリオを唱えなかった時は、せめて寝ながら唱えてください。1連唱え、寝てしまってもかまいません。後の4連は守護の天使が唱えてくれるという、昔からの言い伝えがあります。ロザリオは自分の救霊のため、友人や身内のため、病人や亡くなった方々のためにも有効な素晴らしい行いです。
 この10月はロザリオの月ですので、心して多くのロザリオの祈りをお捧げしましょう。
カトリック夙川教会のホームページに戻る


[PR]
# by shukugawachurch | 2018-10-01 00:00
                                                       
グエン・シン・サック 神父


 感謝の祭儀(the Eucharist=Holy Mass=Missa)は教会の信仰生活の頂点であり、恵みの源です。なぜなら、感謝の祭儀ほど偉大で価値のあるものはないからです。
 感謝の祭儀は、主イエスがご自分の死と復活の前に行われた二つの出来事の再現です。それは、主イエスが最後の晩餐の時に、聖体の秘跡と叙階の秘跡を制定されたことです。そして、次の日、十字架上でのご自分の死という偉大な供え物によって大祭司になられた記念でもあります。
 最後の晩餐で、主イエスはパンとぶどう酒をご自分の肉と血に変化させ、弟子たちに与え、「わたしの記念としてこのように行いなさい」(ルカ22・19)と言われました。まず、後継者である使徒たちにこの秘跡を与え、司教そして、協力者である司祭たちが毎日供え物を捧げて秘跡を再現し続けるように仰せになったのです。感謝の祭儀は主イエスが偉大な大祭司として聖体の秘跡を制定し、ご自分を十字架上の供え物として捧げられたことを再現するのです。
 最後の晩餐で主イエスはパンを取り、感謝を捧げ、割って、弟子に与えて仰せになりました(第1奉献文)。主イエスは全人類ためにご自分を捧げることを受け入れ、御父に感謝されます。ですから、感謝の祭儀の度に祭壇で、十字架上の供え物を通して、「キリストが、わたしたちの過越の小羊として屠られたからです」(1コリント5・7)とあるように、「世の救いのわざを実現されるのです」(典礼憲章3)。
 主イエスは屠られる小羊のようにご自分を捧げ、十字架上で「兵士の一人が槍でイエスのわき腹を刺した。すると、すぐ血と水とが流れ出た」(ヨハネ19・34)のです。前の晩に、弟子たちに杯を与えたとき、主イエスは「この杯はわたしの血によって立てられる新しい契約である。飲む度に、わたしの記念としてこのように行いなさい」(1コリント 11・25)と言われました。だから、感謝の祭儀には、いつも主ご自身がおられ、当時の人々の罪を贖われたように、今も贖い主として、私たちの罪を贖ってくださっているのです。十字架上で救いの血が流されたように、今もミサを通して、私たちを救うために血を流されています。ただ、それは秘跡的に行われているので、人間の目には見えませんが、教会は私たちに、救いの血について教え続けています。
 感謝の祭儀は教会の典礼の儀式を通して、主キリストが全人類の罪の贖い主として捧げられた供え物と最後の晩餐の出来事を、今も祭壇で再現しているのです。したがって、感謝のミサは、神様のみ旨にかなう最も偉大な崇拝であり、救いの儀式なのです。主キリストと共に、主キリストの取り次ぎによって、主キリストの司祭職に与る司祭(ordained ministers)を通して、御父に捧げられているのです。
 感謝の祭儀にはこのような大きな霊的な価値と意味があるため、一人ひとりの信徒はミサに与るよう招かれています。ミサを通して、私たちは主イエスによって、主イエスと共に御父に自分自身と、すべての苦しみ、悲しみ、弱さなどを捧げて、自分と他の人のためにゆるしと祝福を受けるのです。
 以上、感謝の祭儀の意味と恵みについて述べました。感謝の祭儀が「主と人類の契約」(典礼憲章10) と呼ばれる理由もここにあります。



カトリック夙川教会のホームページに戻る


[PR]
# by shukugawachurch | 2018-09-01 00:00
                                                       
ペトロ 梅原 彰 神父

 聖母マリアの祝日は一年間に数多くありますが、中でも私たち日本人にとって最も喜ばしく、懐かしいのは、聖母マリアの被昇天の祭日です。初めてキリストのみ教えの種が日本に蒔かれたのは、鹿児島にフランシスコ・ザビエルが来日した1549815日の聖母被昇天祭の日です。この日ザビエルは日本を聖母マリアの聖心に奉献しました。それ以来、わが国民は終始、聖母に対して絶大な尊敬を捧げてきたのです。特に、世界の歴史にも類を見ない、豊臣、徳川幕府の長い迫害時代、キリシタンたちは殉教の場に引かれていく時はいつもロザリオを唱え、聖母マリアの連祷を唱えて足を運んだのでした。当時のカトリック信者が聖母マリアに対して、いかに深い信仰を持っていたかが察せられます。ザビエルの渡来後、多くの宣教師の努力により、わずか5060年間に100万人の信徒を数えたにもかかわらず、豊臣秀吉をはじめ徳川家康の治世には猛烈な迫害にほとんど全滅したかに思われたのでした。が、その300年近い迫害にもかかわらず、慶応元年、西暦1885317日に奇跡的な出来事が起こったのです。と言うのは、当時、外国人だけに信教の自由が認められていた時、建立された浦上天主堂を見学に来た人々の中に、カトリック信者が発見されたという出来事です。しかも、そのきっかけになったのが天主堂の聖母像であったということも不思議に思えるのです。

 当時の浦上天主堂の主任司祭はフランス人のプチジャン神父でしたが、その時の様子を教皇大使に次のように書き送っています。「317日の正午過ぎ、1415名の老若男女が聖堂の門の所に来たが、その様子は普通の見物人とは思えず、何か仔細ありげに見ていたので、門を開いて案内し、中央祭壇の前にひざまずいて聖体を礼拝していると、40歳あまりの婦人がひざまずき、胸に手を当てて、ここにいる我々は浦上の者で、浦上はおおむね皆、私たちと同じ心を持っていると言い、サンタ・マリアのご像はどこですかと尋ねたのです。これを聞いた私(プチジャン神父)は驚きと喜びでいっぱいで、聖母のご像の前に導いたのでした。するとその前にひざまずき祈ったのです。ほんとうにサンタ・マリアです。おん子ゼウスを抱いておられる、と叫び、我々は1225日に主ゼウスの誕生を祝う。ゼウスは真夜中にうまやで生まれ、艱難辛苦の内に成長し、33歳に我らのため十字架にかかって死去されたと先祖から聞いている、と話したのです。」これこそ聖母のご保護によるものと言わねばなりません。

 終戦が815日であったことも、特に聖母マリアが私たち日本人を見守ってくださっていることの印として受け取りたい気持ちがします。

 イエズスを宿した聖母マリアの尊い御体は、我々と同じように墓の中で朽ち果てることなく、霊化され、天に上げられ、栄光を受けられたのです。復活し昇天されたキリストは、その御母のお体を腐敗にまかせることを望まれないのは言うまでもありません。無原罪の御母、罪なき御母、十字架の協力者である聖母を早くもご自分の復活と昇天に完全にあやからせてくださったのです。キリストは「私はあなたがたを復活させる」と約束されました。この約束は必ず実現するわけですが、聖母マリアは特別なお恵みをもって、すでに霊肉ともに喜びに入っておられるのです。聖母マリアは、私たち人間の初穂として天国の喜びに入られたのです。

 マリアの被昇天は、私たちにとって遠く離れた出来事ではなく、私たち信仰者の終末的な完成を示すものです。


カトリック夙川教会のホームページに戻る


[PR]
# by shukugawachurch | 2018-07-01 00:00