人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カトリック夙川教会月報 巻頭言


by shukugawachurch

コロナと信仰

                                                       
ダニエル 李 昇倫 神父
カトリック夙川教会月報2021年9月・10月号(10月1日発行)

 私たちは今、コロナで多くのこと
が急激に変わる毎日を過ごしています。
 人と人の間には距離を置くことになり、その距離の間には目に見えない壁があるようにも感じられます。みんながマスクを着用することで、お互いに相手の表情や気持ちが分かりにくくなり、人と会うことを控えることもあります。会社や学校のシステムが変わり、レストランなどお店の営業時間も変わっています。
 コロナ感染の拡大防止のためにはいろんなことを変えざるを得ないことは仕方ないことですが、その中でも、変わってはいけないものまで変えてしまうようにも感じます。 それは私たちの信仰ではないかと思います。 信仰というものが目に見えるものではないので、自分で判断するしかありません。
 「教会に行きたいけど、人が集まるのが怖いです」、「ネットでミサに参加しているので、心配しなくて大丈夫です」などの信者たちの声に、ミサも一つの番組のように変わってしまうかもしれないと思ってしまいます。もしかしたら、司祭も、より多くの方々がインターネットでミサを見られるように案内し、「いいね」と「登録」を叫ばなければならない時代になっていくのではないかと思います。
 「何より大事な聖体を受けるためには教会のミサに参加するのが一番です」という言葉に、「聖体もUber eatで家まで届けてくれるといいですね」と冗談なのに笑えない現実。いつかこれが現実になってしまうのではないか?と心配が先に立ちます。信仰に対する私たちの心や形が変わるのではなく、それによって、もっと簡単で楽なことを探す私たちの「心」が変わっているからです。 コロナは私たちの体だけではなく、私たちの心までも感染させる恐ろしいウイルスであることを改めて実感します。
 これから始まる四旬節。 復活の栄光を準備する大変な時期になります。私たちも、コロナパンデミックが終わり、新たな時代への復活を待ちながら、教会に行けない状況であっても、心のコロナ感染を防ぐための「お祈りというワクチン」で私たちみんなが自分自身を守る時期であることをお祈りしたいと思います。


# by shukugawachurch | 2021-10-01 00:00

聖母マリアの被昇天祭

                                                       
ペトロ 梅原 彰 神父
カトリック夙川教会月報(2021年7月・8月号、2021年8月8日発行)
 
 8月15日は終戦記念日です。この日は聖母マリアの被昇天の祭日です。聖母マリアは生涯を終えられた後、体は腐敗することなく復活の恵みにあずかり、心も体も一体となって天国に旅立たれたのです。これは、神の聖母マリアに対する最大の賜物です。これは、12月8日に祝われる聖母マリアの無原罪のもたらす恵みです。
 私たち人間は皆、原罪の罪をもって生まれてきます。聖母マリアは、その原罪をまぬがれ、「無原罪」でお生まれになったのです。それは神の特別な恵みによるものです。神の子イエズスが人間となってこの世に来られるのに相応しい胎(たい)を準備して、マリアさまは原罪をまぬがれたのです。私たちは、この恵みをお受けになったマリアさまを讃美します。マリアさまは原罪がなかったので、罪を犯すこともなく、愛の人として、出会う人々に優しさを与え、生涯全く清く生きられたのです。だからこそ神はマリアさまを天国に全き人間として迎え、マリア様は心も体も一体となって、天国でイエズスとともに喜びのうちに生き、私たちのためにたくさんの恵みを取り次いでくださるのです。
 聖母マリアの被昇天の信仰から、私たちにも大きな希望が湧いてきます。私たちも世の終わりが来て、肉体の復活の恵みにあずかり、公審判の後、清く生きた人は皆、マリアさまと同じように、肉体も天国の栄光にあずかることができるのです。マリアさまの被昇天は、私たちの将来の栄光を受ける前しるしと言えます。
 今日、マリアさまの被昇天祭を祝いながら、私たちもマリアさまと同じ恵みにあずかれますよう祈りましょう。
 1950年11月1日、諸聖人の祝日に、教皇ピオ十二世は、「神の無原罪の御母、終生処女マリアが地上の生活を終えて霊魂と同時に身体も天の栄光に上げられた」と、聖母の被昇天を信仰箇条として宣言されたのです。

カトリック夙川教会のホームページに戻る


# by shukugawachurch | 2021-08-08 00:00
                                                       

カトリック夙川教会月報(5月・6月合併号・2021年5月15日発行)

4月11日に夙川教会に着任されたダニエル神父様にお話しを伺いました
お名前は?〉
 李昇倫(いすんりゅん)ダニエルです

〈お生まれは?〉
 1978年、ソウルで生まれました

〈ご家族は?〉
 両親と、兄と妹の3人きょうだいです

〈召し出しを感じたのは?〉
 いつも教会で遊んだり勉強したりしていたので、自然な流れだと思います

〈司祭になるまでの道〉
 人と会うことが大好きですので、色々な人たちと出会ったそのお陰で司祭の道に導いてもらいました。皆様、よろしくお願いします。

〈司祭としてのモットー〉
 「私を強めてくださる方のお陰で、私にはすべてが可能です」(フィリピ4・13)
このみ言葉は私の叙階の時にこのように生きて行きたいとの思いで決めたことです。
それを信じて行くのが私のモットーです。

〈夙川教会のイメージは?〉
 古い (きしむ音がでた)
でも、それほど皆様の信仰が深いと思います

〈夙川教会の信徒に一言〉
 来て、見なさい。(ヨハネ1・46)

【略歴】
1978年10月27日 韓国のソウルで生まれる
1998年 神学校に入学
2007年 司祭叙階
2017年 来日、カトリック堺教会
2019年 カトリック玉造教会

# by shukugawachurch | 2021-05-15 09:00
                                                       
エリック・バウチスタ・デ・グスマン 神父

 主のご復活、おめでとうございます! わたしたちキリスト教徒にとって、主の復活は信仰の中心的な教義です。簡単に言うと、もしイエスが死者の中から復活できなかったならば、今までイエスの仰ったことばや人々の前で行った不思議なわざのすべてが偽りになってしまいます。主の復活によって、イエスが確かに、神の聖者、神の子、救い主、御父に選ばれた者、油を注がれた者、メシア、キリストであることが明らかになりました。
 主の復活はわたしたちの復活の前表(ぜんぴょう)にもなっています。信仰宣言の中で、わたしたちが「からだの復活」と唱えているのは、終わりの日に、死んだわたしたちのからだが分離された魂と再び結ばれ、神の裁きを受けるために、そして、永遠のいのちに与るために復活するということです。この「復活」は福音書に載っているイエスの奇跡による死者のよみがえりと違います。ラザロ、ナインのやもめの息子、ヤイロの娘は確かによみがえりましたが、あくまで、地上の生活の続きをしていたと考えられます。しかし、終わりの日にわたしたちが待ち望んでいる「復活」では、めとることも嫁ぐこともなく、天使のようになるのです(マルコ12章25節)。天国で、わたしたちは天使たちと聖人たちとともに、喜びのうちに神を終わりなくほめたたえるのです。顔と顔を合わせて、神様と会うことができるのです。これを至福直観といいます。そのとき、「キリストは、万物を支配下に置くことさえできる力によって、わたしたちの卑しい体を、御自分の栄光あるからだと同じ形に変えてくださるのです」(フィリッピ3章21節)。
 主の復活は終わりの日のことだけをわたしたちに思わせるのではありません。主が復活されたのは日曜日、週の初めの日です。万物の創り主である神は、六日間をかけて、愛と英知をもって、様々なものをお創りになり、最後に、ご自分に似せて、人間を創造され、七日目にお休みになりました。主の日である日曜日は安息日であり、主の復活をお祝いする日でもあります。そのために、わたしたちは教会で集まり、神様の大きな家族として、一つの共同体として、主日ミサに与ります。
 わたしもこの3年間、夙川カトリック教会で、皆さんと一緒に、この貴重な体験をさせていただいたことに対して、心から感謝申し上げます。皆様、本当にありがとうございました! 夙川がどんな教会共同体なのか、わたしも、3年間居て、見て信じました。復活節第2主日からは新天地である梅田ブロック(大阪梅田教会・関目教会)に赴任することになっています。本来であれば、皆様お一人おひとりにご挨拶をしなければいけないのですが、この場をお借りして、お礼とお別れの挨拶とさせていただきます。梅田も関目も近いので、皆様とまたお目にかかる機会があるとわたし自身は確信しております。それでは、神様のお恵みと聖母の取り次ぎがいつも皆様の上にありますように。


# by shukugawachurch | 2021-04-01 09:00

四旬節の心

                                                       
ペトロ 梅原 彰 神父
 今年も2月17日(灰の水曜日)から四旬節に入ります。当日は大斎・小斎日です。四旬節という概念は聖書の中で、特にイエスが荒野に退いた40日の断食と試みの出来事に基づいています。四旬節の典礼は4世紀~5世紀にかけて、一方で復活徹夜祭に行われる入信の秘跡の準備過程、とりわけ直前の準備である洗礼志願期の教話と典礼の充実化に結びつきました。さらにこの時期、回心者の和解式が復活祭直前に行われるようになり、先立つ40日間が公の回心の期間として捉えられ始めました。こうして聖書における40日の意味との関連で、洗礼準備者および回心者とともに共同体全体が、神のことばの傾聴、祈り、反省、断食などに専心する固有な季節の特徴が現れ、実践論としても深められました。ただ、40日の意味をもつこの季節を実際にいつからいつまでにするかという点では、4世紀~5世紀の段階ではまちまちでした。
 古来の断食は実際には正式な食事を日に一度、通常の夕食だけとし、さらに肉、ぶどう酒を控える断食でした。中世にはさらに乳製品や卵類も控えるようになりました。断食は回心、悪魔との闘いのしるしを意味しています。10世紀から、四旬節の開始の水曜日に、灰を公の回心者の頭に置く儀式が始まり、11世紀のローマでは、これが全信者のための式となり、回心行列の儀式と結合しました。
 第二バチカン公会議の典礼憲章は、復活祭の準備としての四旬節の眼目が洗礼の記念および準備、そして回心にあることを再認識し、この理解が教話および信者の生活実践を通して徹底されることを求めました。この趣旨に基づく典礼の改定は、四旬節の古代の成立時の枠組みと特徴を再び明確にすることを意図しています。四旬節の開始は従来通り「灰の水曜日」ですが、終わりが聖木曜日の主の晩さんの夕べのミサとされ、聖なる三日間とは区別されています。四旬節の意味を知り、私たちもこの期間、特に祈り、黙想、断食、愛の実践(貧しい人への寄付)などを通して過ごすよう努めましょう。

(2021年2月14日発行、夙川カトリック教会月報 2月/3月合併号)

カトリック夙川教会のホームページに戻る


# by shukugawachurch | 2021-02-14 08:00