人気ブログランキング |

カトリック夙川教会月報 巻頭言


by shukugawachurch
                                                       
エリック・バウチスタ・デ・グスマン 神父
 今年の8月は聖地巡礼に行ってきました。エルサレム、ベトレヘム、ナザレ、ガリラヤなどのイエスゆかりの地と旧約聖書と新約聖書にかかわるいくつかの巡礼地にめぐって、巡礼者の皆さんと一緒にミサに与ったり、聖書を読んだり、黙想したりしました。私にとって、一番楽しみにしていたのは、ベトレヘムでした。
 フィリピンでは、9月になると、ラジオ、デパート、広場などで、クリスマスの歌が流れ始めます。クリスマスの季節がやってきたということです。各家庭でも、馬小屋やクリスマスツリーなどの飾り物が少しずつ飾られます。特に、パロールという星の形をしている電飾を懐かしく思い出します。星は救い主がお生まれになったことを告げるベツレヘムで現れた星のことを表しています。
 私たちが泊まっていたエルサレムのノートルダムセンターからイスラエルとパレスチナの境界を超えて、バスで約30分のところに、ベトレヘムがあります。そのすぐ近くに、ベトサフルという場所があります。ここに、天使の大群が「栄光の賛歌」を歌って、夜通し羊の番をしていた羊飼いたちに主イエスのご降誕を告げたとされる「羊飼いの野教会」があります。教会の壁には美しい絵画があり、幼子イエスの誕生の場面と羊飼いたちと天使たちの場面も美しく描かれています。教会のすぐ隣には小さな洞窟があり、中には馬小屋が見えます。
 ベトサフルを出て、次は、ベトレヘムの生誕教会に向かいました。ベトレヘムはヘブライ語で「パンの家」という意味で、天から降ってきた、生けるパンであるキリストにぴったりな地名だと思います。生誕教会はエルサレムにある聖墳墓教会と同じように4世紀に、カトリックがローマ帝国の国教になったときにコンスタンティヌス皇帝によって建てられた教会です。街の真ん中には生誕教会があり、現在は正教会が管理しています。そのすぐ隣にはカトリックの「聖カタリナおとめ殉教者教会」があり、この地下にある聖ヒエロニムス小聖堂で私たちは平日ミサを捧げました。聖ヒエロニムスはベトレヘムで聖書をギリシア語(七十二人訳)とヘブライ語からラテン語(ウルガタ訳)に訳した聖人としてよく知られています。
 ミサの後、生誕教会に戻り、イエスがお生まれになった場所を訪れるために並びました。その日は巡礼者が多くて、私たちは一時間ぐらい並びました。列に並んでいるときに、生誕教会の周りをゆっくり見ることができました。一般的な正教会の聖堂と同じように、祭壇にはご像がなく、イコン(聖画)があります。聖地のあちこちによく見られる独特な金属のランプもたくさんぶら下げてありました。モザイクも壁の周りにありました。いくつかの巨大な柱が生誕教会の聖堂を支えています。
 やっと私たちの順番になり、小さな部屋のような場所に案内されました。イエスがお生まれになったとされる場所は星の形をしているマークで印されていました。巡礼者は皆、跪いてその星のしるしに触れて、静かにお祈りをしていました。聖なる場所に感動し、私は言葉が出なくなってしまいました。みことばである主キリストが肉となり、わたしたちのうちに住まわれたという受肉の神秘がここで完成されました。万物の造り主が小さな幼子としてお生まれになり、おとめマリアに抱かれて、静かに眠っておられました。これからは、聖書にあるイエスの誕生の場面を読むとき、そして、飾られている馬小屋を見るとき、ベトレヘムを巡礼したこの貴重な体験を思い出すでしょう。御父の目に見えない姿は私たち人間と同じ見える姿になり、罪のほかは私たち人間と同じになられ、私たちと同じ人間性をもって、キリストはここでお生まれになりました。こんな素晴らしい体験ができて、神様に一生感謝すべきだと思っております。



カトリック夙川教会のホームページに戻る


# by shukugawachurch | 2019-12-01 00:00
                                                       
ペトロ 梅原 彰 神父
 11月は死者の月です。日本では真夏の暑いお盆の頃、すでに亡くなった親、兄弟、姉妹、友人、恩人を思い起こし、先祖のために祈るという美しい習慣があります。
 カトリック教会では、11月、ちょうど自然界が紅葉し、寒風に吹かれて落葉する頃、先祖を思い、どの教会でも墓参し、お祈りを捧げます。当教会も11月3日(日)11時30分から満池谷墓地で、14時30分から甲山墓地で、亡くなった方々のためにお祈りを捧げます。
 私たちが生きているのは神の恵みによるものですが、先祖の御蔭おかげによって今があるのです。そのため先祖に感謝を捧げるのは当然のことであります。熱心な方は月命日にお墓参りをしておられます。私たちは、必ず死ねば神の前に裁きを受けます。ある人は神の恵みのうちに死に、一直線に天国に入り、イエスとマリア、諸天使と諸聖人とともに天国の喜びに入ります。ある人は、神の清さと親しさの中で死ぬのですが、何らかの小罪があったり、償いがまだ果たされていないため、確実に天国には入れるのですが、必要に応じて清めを受けねばならないのです。たとえるなら、鉄の一部が錆さび、その錆を取り除くために溶鉱炉に入れて錆をとって完成品にしてもらうのです。そのような人たちは煉獄に入って、清めをある一定期間受けなければなりません。この教えは「彼(ユダ・マカバイ)は死者が罪から解かれるよう彼らのために贖いのいけにえを献げたのである」(2マカバイ12・45)にあります。教会は初期の頃から死者の記念を重んじ、死者のために祈りを捧げていました。それは死者が清められて、神の至福直観に至ることができるためです。このような観点から故人のためにミサを依頼し、ミサの素晴らしい恵みを故人のためにプレゼントして、私たちの功徳を故人のためにお譲りするのです。その功徳をいただいた故人は、いち早く天国に上げられるのです。これを諸聖人の通つう功こうと言います。私たちこの世に生きている者が、善行、苦行、犠牲を捧げることによって、故人が早く天国へ旅立てるのであれば、素晴らしい愛の証となります。



カトリック夙川教会のホームページに戻る


# by shukugawachurch | 2019-11-01 00:00
                                                       
グエン・シン・サック 神父
 皆さんがご存知のように、10月はロザリオの月とされます。今月、私たちはロザリオを唱えることによって聖母マリアを讃えるよう勧められています。聖ピオ五世は教皇になられる前、ドミニコ会の修道者で、修道会の創立者グズマンの聖ドミニコはロザリオの熱心な普及者でした。レパントの勝利を記念して、伝統に従ってマリアさまの代願を感謝し、10月7日をロザリオ聖マリアの記念日にしました。こうして10月はロザリオの月となりました。
 ロザリオは、初めはラテン語の「主の祈り」の最初の言葉「パーテル・ノステル」と呼ばれ、また「聖母の詩編」という名が使われたこともあります。現在は「ロザリオ」ですが、ロザリオは「ローザ」、すなわち「バラ」という言葉が元になっていて、「バラの冠」という意味です。というのは、ロザリオの祈りを唱えることはイエス様の生涯、受難、復活の奥義とマリア様の生涯に関係する奥義について黙想しながら聖母にさしあげる霊的なバラのリースのようなものだからです。
 10月に入りますと、教会は私たちにロザリオの祈りを聖母マリアにささげるよう呼びかけます。聖母マリアへのロザリオの祈りによって、より深く信仰を生きることができるのです。このロザリオを繰り返し唱えることによって神様のお恵みを頂けるのです。
 ロザリオは救いへの道を繋げます。ある日、聖ヨハネ・ボスコは毒蛇が飛び出す夢を見ました。その蛇は珠のひもで首を絞められて死にました。そのひもを箱の中に入れて再び箱の蓋を開けると「アヴェ・マリア」の字に見えました。「この蛇は悪魔であり、結び珠はアヴェ・マリアの祈り、ひもはロザリオの祈りです。この祈りによって、蛇という悪魔に勝ったのです」と聖ヨハネ・ボスコは説明しました。
 ロザリオの祈りはすべての悪魔に打ち勝ち、あらゆる欲望・危険・誘惑・罠を避けることになります。青少年の教育に一生をささげた聖ヨハネ・ボスコは、ロザリオの祈りを唱えることを人間教育の一つの方法として取り上げています。他の大切なことをしないことがあっても、ロザリオの祈りだけは必ず唱えたいものです。
 幼いイエスの聖テレジアも「ロザリオの祈りは全人類を変える力を持っている」と確信していました。本当にそうだと思います。多くの信徒たちがロザリオの祈りで聖母を崇敬することで豊かな恵みを頂いています。ルルドの聖母マリアも、何回も何回も繰り返して「必ず聖母へのロザリオの祈りを唱えなさい。特に罪人の悔い改めの為に、ロザリオの祈りを唱えましょう」と私たちにメッセージを送りました。
 マリアに対する祈りの中でも、幾世紀にもわたって大切にされてきた信心がロザリオです。この祈りを歴代の教皇はたびたび言及し讃えています。教皇ピオ十一世は「われわれが神の御母に向かって唱えるいろいろな、そして有益な祈りのうちで、聖なるロザリオは特別な、きわめて主要な地位を占めていることを知らない信者はない」(回勅『イングラヴェシェンティブス・マーリス』)と言っています。
 また、2002年10月16日に教皇聖ヨハネ・パウロ二世は、使徒的書簡『おとめマリアのロザリオ』を発表されました。これまでの「喜び」、「苦しみ」、「栄え」の神秘(玄義)に、イエスの生涯をより完全に観想できるよう、「光の神秘」を加えられたのです。教皇聖ヨハネ・パウロ二世は次のようにおっしゃいました。「私たちは、ロザリオのそれぞれの連を唱えることによって、個人、家族、国、教会、そして全人類の生涯に起こる全ての出来事を心に収めることができます」(教皇ヨハネ・パウロニ世使徒的書簡『おとめマリアのロザリオ』)。なぜなら教皇様がおっしゃるように、ロザリオという贖い主の聖なる人間性との出合いの場に、私たちの生活の場にあるあらゆる問題、心配事、労苦、計画を差し出すのは当然のことです。私たちはロザリオの祈りを通して、これらの出来事のために、マリアの取り次ぎによってイエスのお恵みを願うのです。
 多くの聖人はロザリオの祈りを唱えて、神様のお恵みと力をいただきました。一人ひとりの生き方を通して、それを私たちに明かしてくださいました。私たちも、マリアとともに歩むことによって、イエスの神秘により深く分け入り、イエスとの内的一致を実現することができるようになるのです。
 ロザリオの祈りは、「喜び」、「光」、「苦しみ」、「栄え」のすべての神秘において、マリアと自分を重ね合わせながら、マリアとともにイエスに一致することができるように、私たちを助けてくれます。同時に私たちは、この祈りを唱えながら、神の母、教会の母であり、天の栄光の中でイエスとともにおられるマリアに、子としての愛と信頼をもって、取り次ぎを願い求めるのです。
 「ロザリオは私の卓越した祈りです」という教皇聖ヨハネ・パウロ二世からのメッセージを思い出しましょう。仕事の前、就寝前、家にいる時にもロザリオの祈りを唱えましょう。いつもイエス・キリストに従い、最後まで忠実を尽くすことができますように、みなさんの祈りを聖母マリアさまに取り次いでいただけるよう、祈ってみてください。きっと、お恵みがいただけます。


カトリック夙川教会のホームページに戻る


# by shukugawachurch | 2019-10-01 00:00

十字架称賛の祝日

                                                       
ペトロ 梅原 彰 神父
 9月14日は十字架称賛の祝日です。十字架称賛の祝日は、キリスト教を公認したローマ皇帝コンスタンティヌスの母ヘレナが西暦320年頃、エルサレムでキリストの十字架の聖遺物を発見したという伝承に基づいています。
 私たちはいつも教会の中で十字架を目にしています。また、祈りの中で何度も十字架のしるしをします。私たちにとってごく身近なものになっている十字架ですが、十字架の意味についてよく知らなければなりません。父である神は独り子イエス・キリストをこの世に送り、イエスは御父のみ旨に従って人類の救いのため、十字架の死を遂げられたのです。
十字架は神(イエス)の人類に対する愛を意味しています。イエスが息を引き取られたとき、「本当に、この人は神の子だった」(マルコ15・39)と告白したのは、イエスの十字架のそばに立っていたローマ軍の百人隊長でした。神の子だからこそ、自分の命を救うことをせず、全く無力に死んだイエス。愛の道を全うされたイエスこそ神の子です。ネロ皇帝が殺したローマの殉教者たちも、この百人隊長の後を継いで、「あなたこそ神の子です」と告白しつつイエスへの信仰のために命を犠牲にしました。福音のイエス像は、世の終わりまで十字架を背負ってイエスの後を歩むキリスト者たちの最大の力なのです。イエスは、自分についてくる者は自分の十字架を背負ってついてきなさいと言われました。
 「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい」(マルコ8・34)。それは自己否定するようにとの励ましです。一世紀のキリスト者たちにとって、十字架は唯一、死を意味していました。「自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを救うのである」(ルカ9・24)。
 イエスにつき従って愛をもって生きようとする人は、苦しみを避けて通ることはできません。愛は人をなんらかの形でイエスの十字架へ導きます。
 「あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている」(ヨハネ16・33)。
 苦しみはこわいものですが、常に希望があります。私たちが自分自身を大切にする以上に、神は私たちを大切にしてくださっています。イエスはまさに、私たちのために死なれたのです。キリストの十字架の道は確かに苦しみの道でしたが、それは同時に栄光への道でした。


カトリック夙川教会のホームページに戻る


# by shukugawachurch | 2019-09-01 00:00
                                                       
エリック・バウチスタ・デ・グスマン 神父
 この間、教区から巡礼証明書、記念のキーホルダーと記入済の巡礼記念手帳が届きました。わたしは大阪教区の中で大阪教区再宣教150周年記念巡礼を終えた309人目です。夙川教会、レジオマリエ(阪神クリアといくつかのプレシディウム)や記録保存班など、様々なグループが、この一年、いくつかの巡礼旅行を企画してくださったおかげで、わたしも12ヶ所の巡礼指定教会を訪ねることができました。本当にありがとうございました。
 6月16日(日)、大阪カテドラルで行われた再宣教150周年感謝ミサをもって大阪教区再宣教150周年記念の一年間が終わりました。しかし、わたしたち大阪教区は、ムニクウ神父様をはじめ、今まで150年をかけて大阪教区のために頑張ってくださった宣教師、聖職者、信徒の皆さんの努力に感謝しながら、未来に向けて再出発をします。大阪教区で再宣教が始まる前に、禁教令があり、その結果、司祭不在の状態で、信徒の皆さんは約250年の間、ミサをはじめ、秘跡をいただくことができませんでした。当時の皆さんは、神様のお恵みをどれほど求めていたことでしょうか。長い間、神様から離れている感じがしていたのではないかとわたしは思います。特に、ミサに与れないということは、ご聖体からの恵みと力をいただけないということなのです。
 今のわたしたちはそのような状態に置かれていないので、多分、当時の皆さんの願望を想像できないと思います。今のわたしたちには宗教の自由があり、ミサはラテン語ではなくそれぞれの国の言語で行われており、交通の便も良い時代に生きています。今はどんな秘跡でも、自由に、簡単に受けることができます。というわけで、今のわたしたちはこの貴重な機会を無駄にしてはいけません。ミサをはじめ、秘跡に与り、教会の勉強会や他の活動にぜひ積極的にかかわりましょう。特にミサは、できるだけ毎日曜日に与りましょう。一週間分の必要な力と恵みはキリストのご聖体からいただけるのです。そして、司祭との交わりもできるので、聞きたいことや相談したことやお願いしたいことを、ぜひ司祭に伝えましょう。司祭はできる限り、皆さんを支えます。
 また、今、大阪教区に枢機卿様がいらっしゃるということも、大きな恵みです。身近に枢機卿様が存在していることは、教区のわたしたちにとって大きな喜びです。
 そして、今年は、フランシスコ教皇様が来日される予定です。禁教令が出ていれば、この教皇様のご訪問も絶対に無理ですから、今のわたしたちは幸いです。全世界のカトリック教会の司牧者である教皇様に出会えるのは、信者の励ましにもなり、神様の愛といつくしみを実感する機会です。ぜひこの機会を有意義に使いましょう。
カトリック夙川教会のホームページに戻る


# by shukugawachurch | 2019-07-01 00:00