人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カトリック夙川教会月報 巻頭言


by shukugawachurch

平和への道

                                                       
ポポン・エマニュエル 神父
カトリック夙川教会月報2022年9月号

 平和旬間の8月が終わりましたが、私たちにとって平和は常に求めるものであり、常に実行するものでもあります。ですので、9月に入りましたが、私たちの心があこがれる平和について書きたいと思います。
 エフェソの信徒への第二の手紙の中に使徒パウロはこう書いています。「あなたがたは、以前は遠く離れていたが、今や、キリスト・イエスにおいて、キリストの血によって近い者となったのです。実に、キリストはわたしたちの平和であります。二つのものを一つにし、ご自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し、規則と戒律ずくめの律法を廃棄されました」(2エフェソ2・13-15 )
 この手紙はイエスの信仰に基づいて集められた新しい共同体に書かれたものですが、人類全体に対して、大切なことを伝えていると思います。
 主イエスは同邦人と異邦人とによって殺されたことを忘れてはなりません。神を信じる者と信じない者、両者の殺意と敵意とによって死刑にされました。
 世界平和のために働くことは、年に一回祈ることではありません。むしろ自分の中にある殺意と敵意を意識し、それを退けることから始まります。この世が思う平和ではなく、神の国につながっている平和をもたらす者になるためには、個人の回心と覚悟とが必要です。私たちの地域に戦争が起きていなくても、日常生活の中で人々は競争し、対立します。私たち家族の中でさえも争いが生じます。主イエスの十字架上での苦しみはこの世でまだ続いています。虐げられる人において、主イエスも虐げられています。権力者が平和を求めない世界に置かれている私たちの前に一つの選択があります。神の国を無視して虐げるものになるか、神の国を信じて虐げられる人のそばに立つものになるか。日常生活の中で平和をもたらす人になりましょう。
 人類の歴史を見ると一つのことが分かります。平和は自分を捨てるほどすべての命を大切にする心から咲くものです。イエスはそういう人を神の命に導いてくださいます。愛を持って生きる人は神のうちに生きる、そしてこの世の中で平和の実を結びます。イエスの十字架の苦しみを忘れずに覚悟と勇気を持って平和を宿すものになりましょう。自分の中にある暗闇に向き合い、すべての命を思いやる存在としてこの地上を歩みましょう。私たちはそのために神様に呼ばれています。
 マリア様はそのように生きて、神様の命へ招かれました。私たちもマリア様と同じように、その時が来たら神様の住まいで平和の主であるイエスに迎え入れられます。
 危険を感じる今こそ主の平和を守るために覚悟を持っていきましょう。 


# by shukugawachurch | 2022-09-03 18:00
                                                       
ダニエル 李 昇倫 神父
カトリック夙川教会月報2022年7月・8月号

 2020年が始まり、もう一年の半分の時間を過ごしました。
 新型コロナウイルス感染症によって止まっていた多くのものが、再び動き始めています。屋外で相手との距離を確保できたらマスク着用が自由になり、止まっていた飛行機も再び空を飛び、隔離も緩和され、海外旅行も少しずつできるようになり、海外滞在の方は家族に会えるようになりました。
 まだ、パンデミック前のようには戻っていませんが、この3年近くの間、多くの行動が制限されたことを考えると、日常生活には不自由を感じなくなりました。
 沈黙の中、静かに行われたミサでは、少しずつ聖歌を増やし、神様を賛美できるようになりました。
 「 聖歌は神様を二倍に賛美する祈りです」という聖アウグスティヌスの言葉が心に響く今日この頃です。
 しかし、今でも私たちの中には神様から離れた生活をしている信者がたくさんいます。コロナは徐々に落ち着いているのに、依然として教会との距離をとろうとします。感染者が減れば、「コロナが怖くて」という理由は通用しなくなってきます。
 不思議なのは、新型コロナウイルス感染症がまん延していても、クリスマスと復活祭には、多くの人が教会のミサに参加されたということです。 新型コロナウイルス感染症は怖いですが、クリスマスと復活祭だけは何としても祝いたいという信仰深い信者もたくさんいらっしゃることもよく知っています。しかし、コロナを理由に主日のミサには与らず、イベントのようなクリスマスや復活祭にだけ、普段より多く人が集まるその場所に危険を冒して訪れる信仰。もしかしたら、それでもミサに参加されることを喜ぶべきなのかもしれません。クリスマスと復活祭が懐かしくなる今日この頃です。毎月の25日がクリスマスであってほしいとも思います。最も寒い時期であるにもかかわらず、私たちはイエス様の生誕を祝うように、私たちの救いのためのイエス様の犠牲を共にする心で、8月は聖母の被昇天の祭日を一緒に祝いましょう。お盆や夏期休暇のため、さらにおろそかになりがちな時期ですが、厳しい状況の中でもクリスマスを一緒に祝ったように、来たる聖母の被昇天の祭日にも、より多くの方が集まって、皆が一緒に過ごす8月のクリスマスになりますよう心から祈ります。

# by shukugawachurch | 2022-07-24 10:00
                                                       
ポポン・エマニュエル 神父
4月29日に夙川教会に着任されたポポン・エマニュエル神父様にお話しを伺いました。
〈お名前は?〉
Emmanuel POPPONと申します。日本ではポポン・エマニュエルになると思います。洗礼名はJean-Marieです。聖ジャン=マリ・ヴィアンネから名付けられました。
〈お生まれは?〉
フランスの東部にあるジュラ県のDOLE(ドル)という街で生まれ育ちました。
〈ご家族は?〉
お父さんとお母さんはまだDOLEに住んでいます。兄、姉、弟がいて、わたしは3番目です。
〈召し出しを感じたのは?〉
1998年、18歳の時に「タイタニック」という映画を見た結果として、いつ死ぬのかが分からないということを強く感じました。そこから人生を無駄にしてはいけないと決心して、わたしにとって一番いい道を歩みたかったのです。その道はイエスの福音を信じる喜びを伝えることでした。そのために「神父になる」と思いました。
〈司祭になるまでの道〉
20歳で神学校に入りましたが、神父になったのは32歳の時でした。12年間かかりましたね。いろいろありました。長い話になるのでまた直接聞いてください。
〈司祭としてのモットー〉
決まったモットーはないですね。
〈好きな言葉は?〉
「わたしだ。恐れることはない」
〈夙川教会の信徒に一言〉
「わたしは柔和で謙遜だから」とイエスは言われました。それは聞くためだけの言葉ではなく、イエスに倣ならって、真の喜びを見つけるために実行する言葉です。教会にはきれいな建物といろんな行事があるのがもちろん望ましいことですが、出発点としてはイエスのように柔和で謙遜であるよう、一緒に主イエスから学びましょう。
【略歴】
1979年9月20日 フランスのドルで生まれる
1999年9月 リヨンの神学校に入学
2001年から2003年まで東京のエマウスの家でボランティアをしながら学ぶ
2011年 32歳で司祭叙階
2012年 司祭として来日
2013年 茅ヶ崎教会
2014年 たかとり教会
2017年 住吉教会・神戸中央教会
2022年4月 夙川教会・甲子園教会共同司祭

# by shukugawachurch | 2022-05-29 10:00

過去を振り返る

                                                       
ペトロ 梅原 彰 神父様
 私は司祭叙階後、香里教会で5年助任司祭として働き、その後千里ニュータウン教会で12年、司教館で6年、香里教会で10年、高槻教会で8年、夙川教会で15年9ヶ月の司祭生活を送りました。この度、司祭異動により、ドムス・ガラシアへ移ることになりました。一抹の寂しさを感じます。司祭生活の引退です。
 人は誰しも、生まれる時があり、成長する時があり、亡くなる時があります。私も今年83歳になり、今まで司祭として生きてこられたことを感謝しています。
 私が司祭叙階の秘跡を受けた時、ある方から「司祭になることは難しいが、司祭を続けることはもっと難しい」と言われました。振り返ってみると、私も司祭生活の中で色々な誘惑があり、倒れそうになることもありました。しかしこうして引退を迎えると、神の恵みと多くの方々の祈りと励ましにより司祭職を全うすることができて感謝の気持ちで一杯です。神に感謝するとともに、皆さん方に心よりお礼申し上げます。
 私の至らなさのために心を傷つけたり、躓(つまず)かせたりすることも多々あったと思います。心よりお詫び申し上げます。
 今後は直接宣教司牧することはないと思いますが、せめて祈りを通して、皆さま方に恩返ししたく思います。
 私は子どもの頃、父を5歳の時に亡くしたこともあって、人はなぜ死ぬのだろうか、亡くなった父に会えるのだろうかと色々な疑問を持ちました。そうした時、ある外国人の神父様に出会い、毎週1回、キリストの話を聞き、生きる希望と勇気をいただきました。人は生きるに値することに気づき、大きな励ましを得ることができました。まだ洗礼を受けていなかったにもかかわらず、私も司祭になってキリスト教を知らせたいと思ったのです。
 大阪小神学校に中2の時入学し、東京大神学校において養成を受け、司祭に叙階されたのです。私は司祭になったことを心より感謝しています。皆さんも私のことを忘れないで、私のためにお祈りください。

ペトロ 梅原 彰 神父様ご略歴
1938年5月7日   東大阪市布施生まれ
1965年3月20日   司祭叙階
1965年8月    香里教会助任司祭
1970年5月    千里ニュータウン教会主任司祭
1982年4月    カトリック大阪大司教区事務局
1988年4月    香里教会主任司祭
1998年4月    高槻教会主任司祭
2006年8月    夙川教会主任司祭
2018年4月    夙川教会・甲子園教会主任司祭
2020年4月    夙川教会主任司祭
2022年4月末   ドムスガラシアチャプレン協力司祭

# by shukugawachurch | 2022-04-17 00:00
                                                       
ダニエル 李 昇倫 神父
 聖家族の祝日の説教で伝えたことを、月報に載せてほしいと多くの方から要請されましたので掲載します。

 幸せな家庭に欠かせない10のこと
1 許しがなければなりません。家庭でさえ許されないのであれば、相手は地球上で許される所がなくなります。
2 理解がなければなりません。家庭はありのままの姿で生きていく所です。お互いの理解が何よりも必要です。
3 会話がなければなりません。会話がないとお互いの繋がりがなくなり、些細なことで誤解を招くことになります。
4 一人だけの空間がなければなりません。せめてトイレにいる時間だけでも邪魔されない、そのような空間が多いほど人柄が柔軟になります。
5 安息が必要です。疲れた体を休ませる環境が家庭になければ、家にいる時間が減ります。
6 認めてあげなければなりません。家庭で認められない人は、外でも認められなくなります。
7 ユーモアがなければなりません。ユーモアは、家族の幸せがあふれる潤滑油の役割をします。
8 大人がいなければなりません。年配者ではなくても言葉と行動に模範になるような大人がいなければなりません。
9 愛がなければなりません。間違いは叱り、よくやったことは褒める両面性の愛がなければなりません。
10 希望がなければなりません。これからもっとうまくいくはずだとの前向きな希望があれば、家庭の価値はさらに高まります。

 幸せな家庭にあってはいけない10のこと
1 非難があってはなりません。家族の間での非難は、難破船のソールに穴を開けたのと同じです。
2 悪口があってはいけません。家庭での悪口はご飯に土をまくようなものです。
3 恨みがあってはなりません。家族の間の恨みは、よく煮た汁に冷たい水を注ぐようなものです。
4 だましがあってはなりません。家族間のごまかしは、幼根を切るようなものです。
5 暴力があってはなりません。家族間の暴力は川の水を濁すことと同じです。
6 意地を張ってはいけません。度がはずれた意地は自分の墓を自ら掘るようなものです。
7 秘密があってはなりません。家族間の秘密は、家庭を破壊する時限爆弾のようなものです。
8 嫉妬があってはなりません。家族間の嫉妬は夜に電灯をつけずに走る車と同じです。
9 偏見があってはなりません。家族に対する偏見は、斧で木を割るようなものです。
10 計算があってはいけません。家族間の計算は壁紙に水を注ぐのと同じです。

 幸せな家庭を作るためには、家庭にあるべきものは愛で、更に大きく育ち、なくすべきものはお互い一つずつ捨てていくことで、皆さんの家庭が、神様の愛があふれる家庭になることをお祈りします。


カトリック夙川教会のホームページに戻る


# by shukugawachurch | 2022-02-01 10:00