人気ブログランキング |

カトリック夙川教会月報 巻頭言


by shukugawachurch

ご聖体の恵み

                                                       
ペトロ 梅原 彰 神父
 ここ3ヶ月間、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため公開ミサが中止されました。信徒の皆さんは寂しく辛い思いをされたことでしょう。改めて、ご聖体の恵みの大きさについて考えてみたいと思います。
 カトリック教会は、キリストに由来する貴重な宝として7つの秘跡を持っています。7つの秘跡は、それぞれ性格の異なるものです。象徴的な意味を持つ動作(水で洗う、手で頭に触れる、一緒に食事をする、等)をします。そして、それらの儀式にもう一つの要素として、キリストが定めた言葉が加わります。その言葉によってこそ、その動作の意味が明らかにされ、救いをもたらし、イエスの業と結びつけられます。教会によって委託された人々は、イエスの名によって秘跡を授けます。そして秘跡を通して、秘跡を受けた各自の中にイエスのいのちが育てられます。
 復活したイエスは弟子たちを全世界に遣わして、「あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい」(マタイ 28・19~20)と命じられました。
 弟子たちは聖霊降臨後、早速、宣教に旅立ちました。ペトロたちはエルサレムに向かい、弟子になろうとする人に洗礼を授け、その日に三千人ほどが仲間に加わりました。彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心でした。(使徒言行録 2・41~42)
 神の子となったキリスト者を養い育てるため、イエスはご自分の体と血を、パンとぶどう酒の形態のもとに与えてくださったのです。イエスは最後の晩さんの時、弟子たちにパンとぶどう酒を与え「これはわたしの体」、「これはわたしの血」と言われ、「わたしの記念としてこのように行いなさい」とお命じになりました。(ルカ 22・19)
 主の晩さんは、少なくとも日曜日ごとに行われました。キリスト者たちのすべての共同体において、イエスの死と復活の記念祭として行われるようになったのです。食物がそれを食べる人のいのちを養うように、私たちのために生き、私たちのために死んだイエスは、自分自身を私たちの永遠のいのちを養う食物・飲み物にされたのです。それは、人とイエスの間の完全な一致が実現され、イエスにおいて私たち皆が一つになるようにするためです。普通の食物は人間の体になりますが、天から下ってきた、生きているパンであるイエスをいただくならば、その人は次第にキリスト化されます。パンとぶどう酒は、食物・飲み物であり、いのちの源です。
 ミサを行うとき、キリスト者たちは人に永遠のいのちをもたらすイエスの死を、感謝をもって記念しているのです。ご聖体を通して、私たちはイエスの死と復活のもたらしている恵みに与るのです。
「生きておられる父がわたしをお遣わしになり、またわたしが父によって生きるように、わたしを食べる者もわたしによって生きる」。(ヨハネ 6・57)


by shukugawachurch | 2020-07-01 08:00