人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カトリック夙川教会月報 巻頭言


by shukugawachurch

聖母マリアの被昇天祭

                                                       
ペトロ 梅原 彰 神父
カトリック夙川教会月報(2021年7月・8月号、2021年8月8日発行)
 
 8月15日は終戦記念日です。この日は聖母マリアの被昇天の祭日です。聖母マリアは生涯を終えられた後、体は腐敗することなく復活の恵みにあずかり、心も体も一体となって天国に旅立たれたのです。これは、神の聖母マリアに対する最大の賜物です。これは、12月8日に祝われる聖母マリアの無原罪のもたらす恵みです。
 私たち人間は皆、原罪の罪をもって生まれてきます。聖母マリアは、その原罪をまぬがれ、「無原罪」でお生まれになったのです。それは神の特別な恵みによるものです。神の子イエズスが人間となってこの世に来られるのに相応しい胎(たい)を準備して、マリアさまは原罪をまぬがれたのです。私たちは、この恵みをお受けになったマリアさまを讃美します。マリアさまは原罪がなかったので、罪を犯すこともなく、愛の人として、出会う人々に優しさを与え、生涯全く清く生きられたのです。だからこそ神はマリアさまを天国に全き人間として迎え、マリア様は心も体も一体となって、天国でイエズスとともに喜びのうちに生き、私たちのためにたくさんの恵みを取り次いでくださるのです。
 聖母マリアの被昇天の信仰から、私たちにも大きな希望が湧いてきます。私たちも世の終わりが来て、肉体の復活の恵みにあずかり、公審判の後、清く生きた人は皆、マリアさまと同じように、肉体も天国の栄光にあずかることができるのです。マリアさまの被昇天は、私たちの将来の栄光を受ける前しるしと言えます。
 今日、マリアさまの被昇天祭を祝いながら、私たちもマリアさまと同じ恵みにあずかれますよう祈りましょう。
 1950年11月1日、諸聖人の祝日に、教皇ピオ十二世は、「神の無原罪の御母、終生処女マリアが地上の生活を終えて霊魂と同時に身体も天の栄光に上げられた」と、聖母の被昇天を信仰箇条として宣言されたのです。

カトリック夙川教会のホームページに戻る


by shukugawachurch | 2021-08-08 00:00