カトリック夙川教会月報 巻頭言


by shukugawachurch

<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

                                                       
ペトロ 梅原 彰 神父

 神の掟に反し罪を犯したアダムとエワに対し、神は慈しみの心を示し、将来メシアを遣わし、メシアを通して、人間を罪から解放し、メシアのもとに全人類を一つに集めることを約束してくださいました。そのため神は預言者を人類に送り、メシアの到来を具体的に教えてくださいました。イザヤ預言者はイエズスの誕生の七百年前に、「あなたたちにしるしを与える。見よ、おとめが身ごもって、男の子を産みその名はインマヌエル(神がわたしたちとともにいるという意味)と呼ぶ」と預言し、おとめマリアから生まれることを預言しています。ミカ預言者はメシアの誕生の場所について、「ベトレヘムよお前はユダの氏族の中でいと小さき者。お前の中から、わたしのためにイスラエルを治める者が出る」と云っています。東方の博士たちが黄金、乳香、没薬の宝物を持ってくる(マタイ2章12)ことも、イザヤ預言者によって預言されています。「シェバの人々は皆黄金と乳香を携えて来る。」又メシアの誕生後メシアがエジプトに避難することについてはホセア預言者が「わたしはわたしの子をエジプトから呼び出した」と預言しています。ベトレヘムとその地方全体にいる二才以下の男の子が殺されることに(マタイ2章17)ついては預言者エレミアが「ラマで声が聞こえた。嘆きと大きな悲しみの声が。子らのために泣くラケルの声が。彼女は慰めを受けつけない。子らはもはやいないのだから。」イエズスの誕生の何百年前から預言者によって語られたことがすべてキリストのうちに実現していることを照らし合わせると、イエズスこそ神から預言されたメシアであることは明らかです。ただイエズスの誕生にまつわることだけではなく、その一生涯の主な出来事について、とくにその死と復活に関して、預言者によって預言され、それらがすべて、預言の通り実現していることは見事といわざるを得ません。神が全人類の誰かを遣わされるならば、いつどこでその使者が送られるかについて知らせてくださるのは当然のことではないでしょうか。私たちの社会生活でも誰かに重大な使命を託して、送る時には、前もって先方に派遣する人の名前や年齢等を知らせておくはずです。そして受け入れる側は、その遣わされた人と知らされた内容が一致すれば当然受け入れるのです。アメリカから新しい駐日大使を送るならばアメリカは前もってその氏名や略歴などは日本に知らせてくれるのは当然です。突然成田空港に外人が降り立ち、自分は大使だと名乗っても受け入れられません。それ程重大な使命を持った人が突然来ることは外交上あり得ないのです。イエズスは人類救済という大きな使命を託されたわけですから、その計画を実現されるまでに、神は準備周到に預言者を通して知らせてくださったのです。このように神のひとり子が人間になってくださるという神秘は二千年前に実現したのです。




カトリック夙川教会のホームページに戻る



[PR]
by shukugawachurch | 2012-12-02 00:00