カトリック夙川教会月報 巻頭言


by shukugawachurch

<   2017年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

夙川教会と典礼

c0152930_20233110.jpg
                                                       
コーナン・ミシェル 神父



 わたくしたちの聖堂は、夙川駅から近いですし、また、外から見てもとても美しいですから、お天気の良い日など、カメラを持った方々の憧れの対象です。洗礼の恵みをまだ受けていない方々でも、自分たちの結婚式をこの聖堂で行いたいと望むカップルは、少なくないのです。

 さて、カトリック教会の典礼では、目と耳と心の調和が大切です。

 まず、耳においては、阪神大震災によってせっかくのパイプオルガンが壊れてしまったのは、残念なことでしたが、現在のオルガンでも、オルガニストの方々が、美しい音色でわたくしたちを祈りに上手く導いてくださっています。たまに赤ちゃんが自分なりの声を出して神様を賛美するようですが、守護の天使に勧められたのか、許されたのか、そのような声さえ、さまざまな人の存在を思い、祈ることになります。

 次に、目においては、聖テレジアはわたくしたちと一緒に祈っておられるようなしぐさで、ミサに参加してくださるようになりました。主日の日曜日、少しずつするべきことを覚えた侍者の子どもたちは、積極的にミサの役割を果たしてくれています。もちろん、担当司祭も参加者とともに祈り、共同体の一員として、自分の役割を果たしております。皆さんが内陣の祭壇上での典礼を見てくださることで、心が一致してゆきます。

 最後に、心においては、ミサの間、沈黙を守るべきところがあります。それは、個人的に感謝の祈りを深くするべき時を意味しています。聖霊の働きによって、深く神に語りかけ、結ばれ、感謝する時なのです。(感謝できない人は、もっと執り成していただけるよう祈りましょう。)祈りのうちにありがたい恵みをいただく時なのです。

 現在、内陣の右側に、大きな木のピエタが置かれています。ブスケ神父の時代、神戸の居留地に建てられた「悲しみの聖母」に捧げられた教会の入口の上に掲げられたアーチ状の飾り(タンパン)です。1870年くらいのものではないかと思います。このピエタは典礼的なものというよりは、もっと歴史的な価値が現れるところで、なお一層、価値を発揮するのではないでしょうか?

聖堂は祈りを捧げる場所、恵みをいただく場所、人間が神に出会う場所ですから、わたくしたちは、先輩方が黙想のうちにイメージし、作り上げた聖堂を大切にしたいものです。先輩司祭や信徒の方々が、天国から執り成し続けてくださっているでしょうから、わたくしたちは、聖堂を祈りの場として、聖人の歩まれた道に倣って、歩んでまいりましょう。



カトリック夙川教会のホームページに戻る


[PR]
by shukugawachurch | 2017-06-01 00:00