カトリック夙川教会月報 巻頭言


by shukugawachurch

<   2017年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ご聖体訪問

                                                       
ペトロ 梅原 彰 神父

 カトリック教会の聖堂に入ると、かならず赤い聖体ランプが灯っています。プロテスタント教会には十字架はありますが、聖体ランプはありません。ヨーロッパの教会を見学に行き、その教会がカトリック教会かそうでないかを識別するしるしとして、聖体ランプが灯っているか、いないかでわかります。

私たちはミサ聖祭の中で、パンとぶどう酒がキリストの体と血に変化したご聖体をいただきます。残ったご聖体は聖櫃におさめられます。

 日曜日にミサに来られなかった人も、平日聖堂に入り、ご聖体の中におられるキリスト、死を過越すぎこして復活されたキリストに親しく祈りを捧げることができるのです。

人類はアダムとエバの原罪によって悪魔に従うものになり、成聖の恩恵を失ったのです。しかし神は人類を悪魔の手から解放するため、神の子キリストを人類に送ってくださり、私たちと連帯し、自らの生命を捧げ、十字架上の死によって人類の罪を贖い、再び神の子となる恩恵の恵みをもたらしてくださったのです。神の御子キリストの十字架上の死は、御父に対する従順を全うし、人類の罪を帳消し、私たちは神のいのちに与り、永遠の生命に招かれたのです。

 新約はこの十字架の犠牲によって成り立ち、この十字架の功徳によって救われたのです。この十字架は救いと愛のシンボルです。そのうえ、キリストはご聖体にまでへりくだり、私たちの霊的な心の糧として聖体にとどまり、世の終わりまで私たちのため、目に見える形で地上にとどまってくださいます。私たちはこれほどまで愛されているのです。その愛に答えるため、しばしばご聖体訪問をすることが勧められます。ご聖体訪問し、礼拝と賛美、感謝をし、罪の赦しと償いをし、神の恵みを願って祈る習慣をつけましょう。

 教会に来られない高齢者や病人は、司祭がご聖体を奉持しますので、遠慮なくおっしゃってください。当教会では毎月第一木曜日の午後三時半より聖体賛美式を行っています。


カトリック夙川教会のホームページに戻る


[PR]
by shukugawachurch | 2017-09-01 00:00