人気ブログランキング |

カトリック夙川教会月報 巻頭言


by shukugawachurch

<   2019年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

再会や奇跡の聖母致命祭

                                                       
エリック・バウチスタ・デ・グスマン 神父
 先月、2月5日、前田万葉枢機卿様はフィリピンのイロコス・ノルテ州(Ilocos Norte)のラオアグ教区(Diocese of Laoag)の招待を頂き、バドックカトリック教会(Badoc Catholic Church)をお尋ねになりました。わたしは通訳として同行させて頂きました。前田枢機卿様は小教区の右の脇祭壇に安置される福者ユスト高山右近のご像を祝福するようにと頼まれました。左の脇祭壇には、マニラの聖ロレンソ・ルイスのご像が祝福されてから安置されました。
 2月5日はその小教区にとって、大きなお祝いの日でした。小教区の聖堂はフランシスコ教皇に小バジリカとして指定され、その小バジリカ指定は荘厳ミサの中で宣言され、お祝いされました。小バジリカという称号は、建てられた聖堂のスタイルと時代、そして、訪れる信者の人数などの条件を満たす特定の教会聖堂にのみ教皇様から与えられます。駐フィリピン教皇大使をはじめ、フィリピンのケヴェド枢機卿様とフィリピンの大司教区の大司教様方がお見えになりました。ミサの前に、前田枢機卿様によるご像の祝福式と安置式が行われ、その後、前田枢機卿様は枢機卿正装(赤いスータンにレースの白いスルプリ、スルプリの上に赤い肩掛け、肩掛けの上に金色の枢機卿用の十字架と頭には「ビレッタ」という赤い角帽)に着替えて、荘厳ミサを献げられました。
 その小教区に、「バドックの奇跡の聖母」(スペイン語では、「La Virgen Milagrosa de Badoc」)という有名な聖母子像が安置されています。お話によると、その聖母子像はもともと長崎のどこかの教会に安置されていたご像で、キリシタン迫害が始まったときに、長崎のキリシタンたちはそのご像が破壊されないために、1625年にそのご像を木の箱に入れて、舟でマニラへ送りました。マニラへ行く途中、木の箱が舟から落ちてしまって、バドックの周辺の浜辺で漁師たちに引き上げられたということでした。前田枢機卿様を招かれたラオアグ教区のマユグバ司教様は、前田枢機卿様に奇跡の聖母を是非見てほしいと仰おっしゃっていました。
 前田枢機卿様はミサの中でのご挨拶で、1614年にマニラで命をささげた高山右近と1637年に長崎で殉教されたロレンソ・ルイスは日本とフィリピンの宗教的・霊的なつながりの代表であること、そして、両国のこれからの絆がさらに強められ、深まることを期待していると仰おっしゃいました。また、2月5日は日本26聖人殉教者の祝日で、前田枢機卿様が日本の代表者として奇跡の聖母に出会ったことについて、「再会や奇跡の聖母致命祭」という俳句を詠まれました。

(致命祭とは日本26聖人殉教者が長崎で処刑された日を記念する日で、ちなみに春の季語です。)

カトリック夙川教会のホームページに戻る


by shukugawachurch | 2019-03-01 00:00