人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カトリック夙川教会月報 巻頭言


by shukugawachurch

あなたは、まだ6位?

                                                       
ダニエル 李 昇倫 神父
 神学校の学園祭に合わせてマラソン大会がありました。私は運動には自信がありましたが、忍耐力が求められるマラソンのような運動は苦手です。しかもそのコースが学校の裏山をなんと5回も上り下りして学校の校庭を大きく回るのです。登山に弱い私にはなかなかやる気が出ませんでした。でも、例外は許されない強制参加だったので、泣きながら走るしかありませんでした。
 出発の合図で、私は走り始めました。一生懸命走りました。もちろん私の目標は1位ではありません。途中で諦めない、倒れないで完走することが、私の決めた目標ラインです。
 いよいよ最後の1周だけを残していました。この時、私は本当に諦めたい気持ちでいっぱいでした。たった1周だけを残しているのに、喉のギリギリまで息が詰まって耐えられませんでした。私の速度が遅くなったのか、私を追い抜く人もいました。私は思いました。
 「もう何人もわたしを抜いて行ったし、もう諦めよう。どうせ賞は5位までじゃないか。諦めよう。賞ももらえないなら、苦労して走る必要はない。もう諦めよう。諦めたい。諦めよう」
 そう考え始めると、私は走るのをやめて歩きました。また、2人が私の横を通り抜けていきました。別に気にならないのです。そもそも私の目標は「完走」だったから!と自分に甘えながら、歩いたり走ったりを繰り返しました。ついにゴールラインを通過。その時、順位のチェックをする先輩の声が聞こえました。
 「惜しい! ダニエル! 6位だよ」
 歩いていなかったら5位までに入っていたことになります。 しかし、私は賞をもらえないと思って、結果が出る前に諦めました。このことがあってからは、どんな時でも諦めないと誓いました。
 人生は果てしない挑戦の連続だと言われます。何の挑戦もせずに早めに諦めることは、 大切な自分の人生を大切にしないことになります。どのような状況であれ、最善を尽くして生きることが大切です。そのためには、明確な目標がなければなりません。つまり、意味のある目標があってこそ、最善を尽くして生きていく動機が生まれるのです。
 私が走ることを諦めたのは、目標を失ったからです。賞をもらえるという目標を失ったことで、まだ遅くはなかったのに走らずに歩いたのです。このように目標を失うことで、自分の人生を、最善を尽くして生きていけなくなるのです。
 神様は私たちに明確な目標を与えました。 悔い改めればゆるしていただけます。悔い改める人に神の国が開かれています。今、私たちは悔い改めの時期を過ごしています。
諦めなければ、悔い改めれば、神様のゆるしを得て、神様の家に入ることができます。
 諦めない真の悔い改めを通して、私たちの救い主、イエス様の誕生を記念し、喜びのクリスマスを迎える時間になればと思います。

# by shukugawachurch | 2022-12-05 18:00

喜びを常に求める

                                                       
ポポン エマニュエル 神父
 祈ることは自分の心に入ることから始まります。心に入ってみると、何がありますか?
 生活に関する心配事や不安を見つけるでしょう。もっと深く入ってみると過去からの思い出も出てきます。怒りや罪悪感を感じてくる一方、嬉しい思い出がある場合はその嬉しさを感じます。生活に対する満足度によって内面の自分の状況が大きく変わると思います。生活がうまく進んでいると感じた場合、一瞬それを楽しく味わえますが、あっという間に不安に襲われてしまい、「今の状況が終わってほしくない」という気持ちになるのではありませんか。嬉しい時でも不安を抱いてしまいます。心の状況が不安だらけになります。したがって、心の中に入るのが怖くなってしまいます。しかし心の中に入っていかないと人生に欠かせないものを失ってしまいます。
 ヨハネによる福音書の15章9-16の中でイエスは「わたしの愛にとどまりなさい」と言ってくださいます。「とどまりなさい」を聞く時、私は命令でもなく、招きでもなく、イエスが願っているように聞こえます。「わたしの愛にとどまってください」。そしてイエスはこう言ってくださいます。「これらのことを話したのは、わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである」と。
 その言葉は心の中で深く強く響きます。不安を感じても、私たちの喜びを望んでくださる方がいます。主イエスは私たちを自分の喜びの内にとどまるように願っています。つまり、私自身が喜びを感じなくても、主イエスの喜びが私たちのために用意されています。その喜びを諦(あきら)めずに求めていいのです。
 「求めなさい、そうすれば与えられる」。
 不安や忙しさで祈るために心に入りたくなくなった時、主イエスがすでに待ってくださる、いてくださることを思い起こしましょう。どんな心境にあっても、祈ることはイエスに導かれ、その喜びに向かって歩むことです。


# by shukugawachurch | 2022-11-05 18:00
                                                       
ダニエル 李 昇倫 神父
 日本に来て1年ほど経ったある日、韓国のある病院から電話が来ました。
健康診断を受ける年だったので、その話かと思ったら普段あんまり耳にしない慣れない言葉と内容でした。向こうからの電話の内容は、「造血幹細胞寄贈」に署名したことがあるかの確認でした。どういうことかと思ったら、20年以上前、神学生時代に、献血車が学校に来て献血をした時、臓器提供と造血幹細胞寄贈のドナー登録をしたことを思い出しました。その時は、確率的にドナー(提供者)とレシピエント(移植希望者)の遺伝子情報が合うのは非常に難しいという説明に、深く考えず提供に署名し、その後忘れていたのですが、20年が過ぎて遺伝子情報が合う患者が現れたとのことでした。8項目の遺伝子情報の中で5項目が一致しているので、精密検査を行う意思があるかと聞かれました。日本にいる私がどうしたら力になれるかと尋ねたら、日本の病院で精密検査を受けて、その結果を見てからその次を決めると言われました。
 数週間が経って精密検査の結果、8つの遺伝子のうち7つが一致しました。家族でも一致しない遺伝子が顔を見たこともない赤の他人と一致することがあるということでした。一人の命を救える大切な機会なので提供を承諾し、日本に来て一年しか経ってなかった私は、まったく知らない誰かの命を救うために急いで韓国へ行きました。
 私たちは今、コロナパンデミックの時代を生きています。その中で、私たちはお互いにどれだけ緊密につながり接触しながら生きているのかを、これまでよりも生々しく目撃し、経験することになりました。
 私たちは神秘的につながっています。 何よりも私たちは信仰で互いにつながっています。今私の隣にいる人が、あるいはこの世で私を知らない誰かが、私の祈りを通して贈る信仰の造血幹細胞を受けとることができます。自分だけの救いではなく、私の小さな祈りで誰かの命を救うことができることを決して忘れてはなりません。
 私と見えない糸でつながってはいるものの、まだお互いを知らない誰かのために、少しの時間を費やしてみましょう。 難しい祈りでなくてもいいのです。ただ、誰かの役に立ちたいという気持ちで、父である神に祈りましょう。その願いが、ダビデからイエス様に至るまで、数多くのつながりと接触によって救いの道に導かれたように、私たち各自の存在もそのように神秘的につながっています。
 イエス様の祈りのおかげで私たちが今、救いへの道の途上にいることを思い起こし、名前も知らない亡くなったすべての煉獄の霊魂のために、少しでも祈る時間を持ちましょう。
 あなたがいてこそ私がいるし、私がいてこそあなたがいるのです。

# by shukugawachurch | 2022-10-01 18:00

平和への道

                                                       
ポポン・エマニュエル 神父
カトリック夙川教会月報2022年9月号

 平和旬間の8月が終わりましたが、私たちにとって平和は常に求めるものであり、常に実行するものでもあります。ですので、9月に入りましたが、私たちの心があこがれる平和について書きたいと思います。
 エフェソの信徒への第二の手紙の中に使徒パウロはこう書いています。「あなたがたは、以前は遠く離れていたが、今や、キリスト・イエスにおいて、キリストの血によって近い者となったのです。実に、キリストはわたしたちの平和であります。二つのものを一つにし、ご自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し、規則と戒律ずくめの律法を廃棄されました」(2エフェソ2・13-15 )
 この手紙はイエスの信仰に基づいて集められた新しい共同体に書かれたものですが、人類全体に対して、大切なことを伝えていると思います。
 主イエスは同邦人と異邦人とによって殺されたことを忘れてはなりません。神を信じる者と信じない者、両者の殺意と敵意とによって死刑にされました。
 世界平和のために働くことは、年に一回祈ることではありません。むしろ自分の中にある殺意と敵意を意識し、それを退けることから始まります。この世が思う平和ではなく、神の国につながっている平和をもたらす者になるためには、個人の回心と覚悟とが必要です。私たちの地域に戦争が起きていなくても、日常生活の中で人々は競争し、対立します。私たち家族の中でさえも争いが生じます。主イエスの十字架上での苦しみはこの世でまだ続いています。虐げられる人において、主イエスも虐げられています。権力者が平和を求めない世界に置かれている私たちの前に一つの選択があります。神の国を無視して虐げるものになるか、神の国を信じて虐げられる人のそばに立つものになるか。日常生活の中で平和をもたらす人になりましょう。
 人類の歴史を見ると一つのことが分かります。平和は自分を捨てるほどすべての命を大切にする心から咲くものです。イエスはそういう人を神の命に導いてくださいます。愛を持って生きる人は神のうちに生きる、そしてこの世の中で平和の実を結びます。イエスの十字架の苦しみを忘れずに覚悟と勇気を持って平和を宿すものになりましょう。自分の中にある暗闇に向き合い、すべての命を思いやる存在としてこの地上を歩みましょう。私たちはそのために神様に呼ばれています。
 マリア様はそのように生きて、神様の命へ招かれました。私たちもマリア様と同じように、その時が来たら神様の住まいで平和の主であるイエスに迎え入れられます。
 危険を感じる今こそ主の平和を守るために覚悟を持っていきましょう。 


# by shukugawachurch | 2022-09-03 18:00
                                                       
ダニエル 李 昇倫 神父
カトリック夙川教会月報2022年7月・8月号

 2020年が始まり、もう一年の半分の時間を過ごしました。
 新型コロナウイルス感染症によって止まっていた多くのものが、再び動き始めています。屋外で相手との距離を確保できたらマスク着用が自由になり、止まっていた飛行機も再び空を飛び、隔離も緩和され、海外旅行も少しずつできるようになり、海外滞在の方は家族に会えるようになりました。
 まだ、パンデミック前のようには戻っていませんが、この3年近くの間、多くの行動が制限されたことを考えると、日常生活には不自由を感じなくなりました。
 沈黙の中、静かに行われたミサでは、少しずつ聖歌を増やし、神様を賛美できるようになりました。
 「 聖歌は神様を二倍に賛美する祈りです」という聖アウグスティヌスの言葉が心に響く今日この頃です。
 しかし、今でも私たちの中には神様から離れた生活をしている信者がたくさんいます。コロナは徐々に落ち着いているのに、依然として教会との距離をとろうとします。感染者が減れば、「コロナが怖くて」という理由は通用しなくなってきます。
 不思議なのは、新型コロナウイルス感染症がまん延していても、クリスマスと復活祭には、多くの人が教会のミサに参加されたということです。 新型コロナウイルス感染症は怖いですが、クリスマスと復活祭だけは何としても祝いたいという信仰深い信者もたくさんいらっしゃることもよく知っています。しかし、コロナを理由に主日のミサには与らず、イベントのようなクリスマスや復活祭にだけ、普段より多く人が集まるその場所に危険を冒して訪れる信仰。もしかしたら、それでもミサに参加されることを喜ぶべきなのかもしれません。クリスマスと復活祭が懐かしくなる今日この頃です。毎月の25日がクリスマスであってほしいとも思います。最も寒い時期であるにもかかわらず、私たちはイエス様の生誕を祝うように、私たちの救いのためのイエス様の犠牲を共にする心で、8月は聖母の被昇天の祭日を一緒に祝いましょう。お盆や夏期休暇のため、さらにおろそかになりがちな時期ですが、厳しい状況の中でもクリスマスを一緒に祝ったように、来たる聖母の被昇天の祭日にも、より多くの方が集まって、皆が一緒に過ごす8月のクリスマスになりますよう心から祈ります。

# by shukugawachurch | 2022-07-24 10:00