人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カトリック夙川教会月報 巻頭言


by shukugawachurch
                                                       
エリック・バウチスタ・デ・グスマン 神父

 10月10日にイタリアのアッシジ教区の聖フランシスコのバジリカでフランシスコ教皇の特使であるアゴスティーノ・ヴァリーニ枢機卿の司式により、尊者カルロ・アクティスの列福式ミサが捧げられました。テレビやラジオやインターネット経由で放送されたため、列福式ミサの様子は世界の各地で観ることができました。
 では、福者カルロ・アクティスとは誰ですか? どんな生涯を過ごしましたか? どうしてカトリック教会はこの人を福者として認めましたか? そして、どうして多くの人がその列福式に注目しましたか?
 福者カルロ・アクティスは現代の福者であり、インターネットの保護の聖人と言われています。列福式ミサの中で、列福の儀の前に、福者カルロ・アクティスの生涯について知ってもらうために、簡単な紹介文が読まれました。カルロは1991年にイギリスのロンドンでイタリア人のご両親の間に生まれ、カトリック教会で洗礼を受けました。子どもの頃からカルロには強い信仰が見られました。他の子どもと比べ、ご聖体に関する理解を幼い頃から持っており、そのために、早めに初聖体を受けることを主任司祭に認められました。カルロは初聖体を受けてから、できるだけ毎日ミサに与り、ご聖体をいただくこと、そして聖母マリアに毎日ロザリオを捧げることを大切にしていました。
 また、カルロは、アッシジの聖フランシスコにならって、貧しい人々に施しをよくしていました。カルロは自分のお小遣いを節約し、残った分を貧しい人々に施していました。カルロは聖ドミニコ・サヴィオ*の模範にもならい、仲間の子どもたちを悪い影響から退かせ、神様の道を歩むように導くことに力を入れていました。
 カルロは10代になってから、パソコンに興味を持つようになり、プログラミングとホームページ作りを学びました。カルロは学んだ知識を生かして、大好きな聖体のことを普及させるために聖体の奇跡を紹介するホームページを作りました。カルロは自分で何ヶ所かの聖体の奇跡が起こった現場へ巡礼と取材に行きました。「ご聖体は天国へ行くための高速道路である」は、カルロの有名なスローガンです。
 2006年10月、カルロは体調が悪くなって、入院しました。検査の結果は白血病でした。カルロはその結果を冷静に受け止めました。「これから、私は死んでいきます」と笑顔のカルロは動画で語っています。「この病による苦しみを多くの魂の救いのために捧げ、自分が天国へ行けるように」とカルロは言いました。そして一週間後、10月12日に15歳の若さで、神様のもとに旅立ちました。
 福者カルロ・アクティスは、私たちも聖人になれること、そして、先端技術も聖性への道の道具として使えることを現代の私たちに教えています。私たちはインターネットを何のために使っていますか? いのちとは、この世に生きるために神様から与えられている時間であり、永遠のいのちに与るための準備期間だと認識すればいいと思います。
 ご聖体であるキリストと聖母マリアを日々の生活の中で大切にしてきたカルロは、この世から旅立つことに怖れを感じることはありませんでした。自分の目的地が天国であるとはっきりと意識しており、ご聖 体は目的地への道(高速道路)であることを、子どもの頃から悟っていました。確かに、子どもや青年たちだけでなく、大人の私たちも、福者カルロ・アクティスの模範から学べることが多いと思います。
 福者カルロ・アクティス、私たちのためにお祈りください!

*聖ドミニコ・サヴィオは14歳で亡くなった聖人で、侍者・子どもたちの聖人
# by shukugawachurch | 2020-11-01 09:00

10月はロザリオの月

                                                       
ペトロ 梅原 彰
 教皇ヨハネ・パウロ二世は『おとめマリアのロザリオ』という使徒的書簡を2003年に発行されました。ロザリオはマリアへの祈りという性格を持っていますが、核心においてはキリストを中心とした祈りです。福音全体の要約と呼びうるのです。現代の教皇たちはロザリオを頻繁に唱えることを奨励しておられます。
「ロザリオは喜びの時も苦しみの時もわたしとともにあり、あらゆる懸案をこの祈りに託してきました。ロザリオのうちにわたしはつねに慰めを見いだしてきたのです」(ヨハネ・パウロ二世)と。
 私たちはロザリオの祈りを唱える時、日によって、喜びの神秘、光の神秘、苦しみの神秘、栄光の神秘を観想しながら唱えます。観想を抜きに、ただ形式的、機械的に唱えるならば、それは魂の抜けた体にすぎません。キリストも「あなたがたが祈る時は異邦人のようにくどくどと述べてはならない。異邦人はことば数が多ければ聞き入れられると思いこんでいる」と警告しておられます。ロザリオは本来落ち着いたリズムとゆっくりしたペースで唱えられるべきです。私たちはマリアさまのように主の生涯に起きた喜び、苦しみ、栄光の神秘をじっくり味わいながら唱えたいものです。これらの神秘に含まれる言い尽くしがたい恵みがあらわになります。マリアと共にキリストを思い起こすロザリオの祈りは救いの歴史において神が行われたわざを現在化することです。聖書は救いをもたらす出来事が語られており、キリスト自身において頂点に達します。これらの救いの出来事は過去のことだけではなく、救いをもたらす今日のことでもあります。キリスト信者はともに祈るよう召されていますが、それでもなお自分の部屋に入って隠れて御父に祈るべきであり(マタイ 6・6)、さらに絶え間なく祈るべきことを使徒も教えています。
 マリアと共にキリストを黙想するロザリオは、救いをもたらす観想ということができます。ロザリオはあがない主の生涯の秘義に私たちを没頭させます。特に10月は、ロザリオの祈りを個人として、またグループで唱えましょう。
(『おとめマリアのロザリオ』参照)

# by shukugawachurch | 2020-10-01 09:00
                                                       
エリック・バウチスタ・デ・グスマン 神父様
 緊急事態宣言が解除されて、公開ミサが再開されてから3か月が経ちますが、大阪教区では、司牧者たちをはじめ、信者の皆さんの中にコロナウイルス感染者が出ていないことはありがたいことです。やはりこのことは大阪教区の新型コロナウイルス対策に関するガイドラインに則った各小教区の徹底した実施のおかげだと思います。
 しかし、コロナウイルス感染症がいつ終息するか、まだわかりません。毎日のニュースでは、感染者数も増えているし、ワクチンの完成もまだまだのようです。しばらくは、コロナとともに様々なことに気をつけて生活していく日々が続くみたいですね。マスクの着用や手指消毒や三密を避けることは最低限のことです。
 わたしは司祭として、緊急事態宣言を再び出して欲しくないです。なぜなら、公開ミサがまた中止されるからです。今年の2月末に公開ミサが中止されて3か月の間、個人ミサはできましたが、寂しかったです。やはり、ミサは皆さんと一緒に行う方がよく味わえるのです。イエス様ご自身も、最後の晩さんをお一人だけではなく、弟子たちと一緒に行われたのです。
 というわけで、少なくとも今のような新しい様式でミサを継続させるため、そして、皆さんが安心してミサや教会活動に参加できるよう、これまでのコロナウイルス対策を引き続き実施して行きたいと思います。教区のガイドラインと主任司祭の方針に沿って行いたいと思います。しかし、これらのことを実現させるためには、皆さんの協力が必要です。
 ミサの前後に、聖堂の換気、椅子などの消毒作業、印刷物の配付、ミサ前の入堂者の検温や受付、ミサ中の聖体拝領の案内など、皆さんの力が要ります。その他に、消毒にかかわる消耗品の寄付なども必要です。これらのことはすべて、ボランティアの方々がしてくださっています。心から感謝しております。
 これからしばらくの間は、コロナとともに信仰を活かしていかなければなりません。その間、皆さんの寛大な心にも頼らなければいけないと思っております。どうかよろしくお願い致します。
 「わたしのできること」は様々な形があります。お気づきのことがありましたら、司祭、事務所、またはボランティアの方にぜひご連絡ください。お待ちしております。


# by shukugawachurch | 2020-09-01 09:00

ご聖体の恵み

                                                       
ペトロ 梅原 彰 神父
 ここ3ヶ月間、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため公開ミサが中止されました。信徒の皆さんは寂しく辛い思いをされたことでしょう。改めて、ご聖体の恵みの大きさについて考えてみたいと思います。
 カトリック教会は、キリストに由来する貴重な宝として7つの秘跡を持っています。7つの秘跡は、それぞれ性格の異なるものです。象徴的な意味を持つ動作(水で洗う、手で頭に触れる、一緒に食事をする、等)をします。そして、それらの儀式にもう一つの要素として、キリストが定めた言葉が加わります。その言葉によってこそ、その動作の意味が明らかにされ、救いをもたらし、イエスの業と結びつけられます。教会によって委託された人々は、イエスの名によって秘跡を授けます。そして秘跡を通して、秘跡を受けた各自の中にイエスのいのちが育てられます。
 復活したイエスは弟子たちを全世界に遣わして、「あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい」(マタイ 28・19~20)と命じられました。
 弟子たちは聖霊降臨後、早速、宣教に旅立ちました。ペトロたちはエルサレムに向かい、弟子になろうとする人に洗礼を授け、その日に三千人ほどが仲間に加わりました。彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心でした。(使徒言行録 2・41~42)
 神の子となったキリスト者を養い育てるため、イエスはご自分の体と血を、パンとぶどう酒の形態のもとに与えてくださったのです。イエスは最後の晩さんの時、弟子たちにパンとぶどう酒を与え「これはわたしの体」、「これはわたしの血」と言われ、「わたしの記念としてこのように行いなさい」とお命じになりました。(ルカ 22・19)
 主の晩さんは、少なくとも日曜日ごとに行われました。キリスト者たちのすべての共同体において、イエスの死と復活の記念祭として行われるようになったのです。食物がそれを食べる人のいのちを養うように、私たちのために生き、私たちのために死んだイエスは、自分自身を私たちの永遠のいのちを養う食物・飲み物にされたのです。それは、人とイエスの間の完全な一致が実現され、イエスにおいて私たち皆が一つになるようにするためです。普通の食物は人間の体になりますが、天から下ってきた、生きているパンであるイエスをいただくならば、その人は次第にキリスト化されます。パンとぶどう酒は、食物・飲み物であり、いのちの源です。
 ミサを行うとき、キリスト者たちは人に永遠のいのちをもたらすイエスの死を、感謝をもって記念しているのです。ご聖体を通して、私たちはイエスの死と復活のもたらしている恵みに与るのです。
「生きておられる父がわたしをお遣わしになり、またわたしが父によって生きるように、わたしを食べる者もわたしによって生きる」。(ヨハネ 6・57)


# by shukugawachurch | 2020-07-01 08:00
                                                       
ペトロ 梅原 彰 神父
夙川教会の信徒の皆さん
 お元気にお過ごしでしょうか。
 本当に長い間、新型コロナウイルスに人類は苦しめられています。あたかもウイルスは悪魔のようです。正体を隠し、次から次へと人を死に追い詰めていくようです。しかし失望することはありません。必ず人類はウイルスに打ち勝って正常な生活に戻れると思います。今は忍耐の時です。
 五月は聖母月です。私は毎日ロザリオ一環を唱え、皆さんのためにお祈りしています。もうすぐごミサも公式に捧げられ、皆さんとともにごミサを捧げられると思います。皆さんと近日中にお会いできることを期待し、祈っています。皆さんも家庭で祈り、特に今月はロザリオの祈りをしてください。
                  主任司祭 梅原 彰文>>
カトリック夙川教会のホームページに戻る


# by shukugawachurch | 2020-05-17 12:00